暮らしのヒント

■暮らすこと…とは?  
  「暮らす」とは、人生を送ることと同義語と考えて良いのではないでしょうか?従って、暮らしの目標・レベル・人生設計など、その意義を明確に認識しておくことが、大変重要なのではないでしょうか?勿論、物理的な要素と精神的な要素もある訳ですが、それらが複雑に絡み合って暮らしが成り立ち、人生も成り立っています。
  そこで、この項では主に精神的な要素=心構え的な事柄に関して触れてみたいと思います。

■今後の暮らしは…  
  先にも触れましたが、今や、温暖化・環境問題・資源の枯渇・人類の生存限界人口数など、世界は大きなターニンングポイントを迎えています。国内でも、終息に何十年間も要する原発事故・少子高齢問題・消費税のアップなどが押し寄せています。まるで「生き方を変えろ!」と言われているかのようです。個人の暮らしも、物質本位から精神本位へ、他人任せから自己責任へ、人の評価より自己評価へ、と変化の兆しが感じられます。
  物を大切にする、物を永く使う、無駄なエネルギーや出費を抑える、慎ましやかに生きる、自然と共存して暮らす、ゴミを出さない廃棄しないなどが、これからのキーワードだと考えます。そして、各人が暮らし=人生に対する確固たる価値観と姿勢を持つことが求められます。

■暮らしの充実感…  
  さて、暮らしとは何か?人生とは何か?真剣に考えられたことがおありですか?簡単なようで難しい質問です。その答えは恐らく百人百通りだと思いますが、大雑把には「社会の一員として過不足なく暮らせ、子供を育み、家族仲良く暮らし、時が至れば世代交代の準備を整える」ことだと言えないでしょうか。不足だ…不足だと言えば際限がありません。これからの暮らしや人生には、何処で満足するかの基準が求められるのではないでしょうか?
  個人として家族として、夫婦・親子・兄弟・友達の結び付きがあり、その輪の中で日々の暮らしを大切にし、より楽しく生きること…。安全・安心で健康的に生活できること…。精神的に豊かに大らかに過ごせること…。つまり「人の結び・健康・暮らす拠点」の三つのバランスを上手く保ち、暮らしを積み重ねることが充実した、すてきな生き方に繋がるのではないでしょうか?

| 1 | 2 | 3 |


↑ページの一番上に戻る

E-Mail:ask@kurashikata.gr.jp
フリーダイヤル:0120-11-6584いい 老後やし! FAX:06-6356-7225
Copyright(C) 暮らし方研究会.AllRightsReserved.