《終の棲家》モニターハウス建築を募集中です!
つい棲家すみか」モデルプラン建築を募集中です。


1. 「終の棲家」モデルプランの原点
  「終の棲家」は建物だけの問題ではありません。そこですてきな暮らしが営まれるかどうかが大きなテーマです。研究会では、有識者や建築家が「終の棲家」の在るべき姿を探求した結果、長く研究会にお付き合いいただいき、親子二代に渡り著名な米国の建築家W.M.ヴォーリズ氏の薫陶を受けた建築家・吉村康雄さんのご自宅と暮らし向きが最適との結論に至りました。
  建物の原型は、吉村さんの父上が設計・建築され、長らく暮らしておられましたが、阪神淡路大震災で被害を被ったため、間取をそのままに耐震強度を高め、素朴な山小屋風に再設計・再建築され、永眠されるまで精力的に設計活動を続けておられました。
  吉村さんの生活信条は「素朴で謙虚、そしてワイルドに!」でありました。これこそ、今を生きる私たちが目指すべき暮らしの姿ではないでしょうか?

E-Mail:ask@kurashikata.gr.jp
フリーダイヤル:0120-11-6584いい 老後やし! FAX:06-6356-7225
Copyright(C) 暮らし方研究会.AllRightsReserved.