OB・OGの住み心地の声

暮らし方研究会 OB・OG倶楽部の「泉南郡 Fさん宅」を訪問しました。
今回は研究会のお手伝いで西洋骨董家具の楽しめる家を実現されたFさん宅を訪問して住まいについて感想をおうかがいしました。
——こんにちは。広い玄関が心地良い素敵な空間に招かれます。
「もう5年目を迎えたんですよ。今、ワンちゃんが居るので・・・」と笑顔でご夫婦が出迎えてくださいました。
暖かい陽射しが差し込んで明るいリビングにお洒落な英国家具が素敵な空間です。奥様手作りの抹茶シフォンケーキとコーヒーを頂きながら楽しくお話をお聞きしました。
——暮らし方研究会の「光と風を大切に・・・」に共感して
「もう5年前になるんですね。悩んだり安心したりいろいろ有りました。」
「冬に建築時期を迎えたということもあったと思うんですけれど、工事中、このままでは暗いのではということが気になり悩んでいました。」
「そう、軒が長いので曇った冬の日に現場に行くと暗かったんです。」
「建築士と工務店さんに考えた末に天窓を空けて欲しいと工事中に言って、屋根に天窓を付けてもらったんですが・・・。」
——希望通りに天窓が付いたんですね。
「ところが実際、天窓を開けてみて・・私がすごく悩んでいました。開けられた天井を見て・・・これで良かったのか、雰囲気を壊してしまったのではないかなと思い始めて、その時とても悩んでいました。」と奥様が語られます。
「でも、建築士の山野さんが優しく納得できる話し方でいい形に収まると思いますよと言って頂いて安心することが出来ました。」
「工事中も安心でき感謝しています。」
「この天窓を取り付けた事で夜になると外壁がライトアップされて素敵なんですよ。」
——天窓がどんな効果を?
「夜になると室内の灯りが天窓を通してライトアップ効果で2階の壁に光が当たってレンガ色の外壁が浮かび上がってとても綺麗に見えるんですよ。」とご主人が笑顔で話されます。
「でも天窓から雨漏りも経験しました。ワッハッハ・・・」大笑いのご主人。
「建築士も工務店さんもきちんと対応してもらって、原因究明には時間がかかったけれど信頼関係が有ったので今でこそ笑えるんですが。」とアフターメンテナンスについても暮らしの達人の心温まるフォローをして頂いています。
——ライフスタイルの変化について語って頂きました。
「西洋骨董家具の楽しめる家という望んでいたライフスタイルを実現できて満足しています。自分らしく、我が家という感じで毎日がとても楽しいですよ。要所に匠の手が入っていて、新築時よりも今の方がより満足しているんですよ。」
「最近、主人とアンティーク家具を見に行ったり、家具が喜んでくれるスペースがあって楽しく住んでいます。私達がこのライフスタイルを楽しめる家になってとても良かったと思っています。」
「暮らし方研究会の良いものを大切にしていくというコンセプトは私達のイギリスでの暮らしのコンセプトと共通していると思います。」
「そうだね。」
——楽しんで住まわれていますが問題点は無かったですか?
「そう、家は満足していますがもう少し考えればと思っているのは車庫の位置かなぁ。車が大きくなって門が閉まらなくなって・・・車の買い替えのことも考えていればと今になってわかりじっくり考えるべきだったと思います。」
「ロフトも有るけれど暑くて風通しが悪いので子供がリビングに降りてきて良かったのかな。この事は・・・」(笑)
「でも、大学の友人で建築家の方に見てもらったんですけどお世辞抜きで今まで見た住宅で一番いいですよと最高に誉めてもらいましたよ。」(笑)
「そうね、私達のコンセプトも十分理解して頂いていい家を実現できたと思っています。」
「住み始めてからますます気に入っています! とても楽しい家ですから。」
——終始、笑顔で暮らしぶりを語っていただきました。
お話しが一段落して、愛犬アンちゃんが部屋から開放されると玄関からリビングへと勢いよく走りこんで来て飛びついてくれ歓迎してくれました。
※ とても楽しいご意見をいただきありがとうございました。
文・写真/安心安全委員会、高藤正道
(No.051123-1)
■Fさんご夫妻




↑ページの一番上に戻る

E-Mail:ask@kurashikata.gr.jp
フリーダイヤル:0120-11-6584いい 老後やし! FAX:06-6356-7225
Copyright(C) 暮らし方研究会.AllRightsReserved.